page top

スタッフ紹介

穂苅整形外科リウマチクリニックスタッフ集合写真
穂苅行貴院長写真
院長 : 穂苅行貴 (ほかり ゆきたか)
院長経歴
長野県松本市出身
日本整形外科学会 整形外科専門医 脊椎脊髄病専門医
日本リウマチ学会 専門医
日本リハビリテーション医学会 認定医
AKA学会会員
義肢装具等適合判定医師
日本医師会認定産業医
身体障害者手帳診断指定医
1980年
東京慈恵会医科大学卒業
同大大学院卒業
(前)国立長野病院整形外科・理学療法科医長
(現)国立山梨大学医学部整形外科文部教官助手
米国メイヨークリニック留学
山梨県富士吉田市立病院整形外科部長
(現)国立山梨大学医学部非常勤講師
2000年
穂苅整形外科リウマチクリニック開設
信州リハビリテーション専門学校非常勤講師

整形外科はともすれば美容整形/形成、一方では整骨院と混同されがちでありますが、純粋に運動器疾患を扱う臨床医学の一分野です。本来なら混同を避けるため運動器外科といったほうが的確かもしれません。

現代社会が高齢化社会を迎え、2025年には4人に1人が65歳以上になると予測されていますが、単に長く生きれば良いというものではなく生活に充実感・満足感がなければいけません。そのためには、健康であることが一番であります。寝たきりの生活では十分なQDL (Quality of Life)をえることはできません。寝たきりの原因の第1位、2位は痴呆と骨折であるといわれており、骨折から寝たきり、痴呆が出現することもあり両者は密接に関係しています。これらの社会情勢を鑑み、地域での運動器疾患の治療および予防に力を注いでいきたいと思います。

理学療法士:巣山
理学療法士 巣山
理学療法士:田鹿
理学療法士 田鹿
理学療法士:小林
理学療法士 小林

東京の整形外科病院に勤務するなど、スポーツ障害を中心に臨床経験を積んできた巣山と、女性ならではの感性で患者さんからも信頼の厚い田鹿、フレッシュな小林が、理学療法士として皆様の対応をさせて頂いております。二人共に松本平の出身であり、地域への愛好は高く、皆様の健康増進へのお手伝いに少しでも貢献できればと思っています。

変性疾患等で慢性的な痛みでお困りの方へのリハビリテーション・手術後のリハビリテーション・通院困難な方への訪問リハビリテーション・スポーツ障害/外傷に対するアスレチックリハビリテーションなど、学生から高齢者まで幅広く対応していきたいと考えています。

〘安心とまごころのリハビリテーション〙をモットーに、一人一人の患者様に親切・丁寧なリハビリテーションを提供いたします。

ページトップへ